ふるさと納税の限度額とは

ふるさと納税って、

実質2000円の支出で、

豪華な返礼品が貰える、利用者にとってとってもお得なシステムです。

徐々に一般化し、年々すごい拡がりを見せてます。

しかし、このシステムには注意点が!

それが限度額です。

この限度額を超えると、超えた金額は翌年の税金から控除されません!

なので、この限度額はしっかり把握!です。

限度額は、申し込む人の年収と家族構成で決まります。

目安;夫婦+子供2人 年収1000万円だと・・・143,000円が目安となります。

*上の143,000円寄付すると、141,000円が税金控除されます。
*143,000円を超えた分は税金控除されません。

これは年収・家族構成別の目安表として、

ふるさと納税サイトや総務省のサイトに詳しく掲載されてます。

限度額も含め、控除申請方法、そしてもちろん返礼品の検索・選択など、

簡単にふるさと納税制度を活用できるサイトがあります。

ふるさと納税サイトたち

ふるさと納税の盛り上がりはこんな感じです。
*総務省ふるさと納税ポータルサイトより数値入手しグラフにしてみた。

この伸びの原動力の一つが、下に紹介するサイトたちと言われています。

総務省のサイトよりもわかりやすい! 簡単! 返礼品選びやすい!

私の利用頻度順に並べてみました。
私、主に食材選ぶのです。

1位 ふるさと納税「さとふる」

さとふる公式サイトはこちらです。

【特徴】
〇国産和牛A5肉、特A米15kgなど高級食材が多い。
〇売り切れ返礼品の再入荷メール連絡サービスが便利です。

多分認知度NO.1で、安心感高いです。
返礼品は高級食材一択!なら超便利です。

さとふる公式サイトはこちらです。

2位 ふるなび

ふるなび公式サイトはこちらです。

【特徴】
〇さとふると並ぶ有名サイトで安心。
〇家電製品のお礼の品が充実してます。
〇高額寄付、返礼品が多いです。


とにかく、パソコンなど家電返礼品がたくさんリストアップされてるのはここです。

ふるなび公式サイトはこちらです。

3位 ふるなびグルメポイント

公式サイトはこちらです。

【特徴】
有名店のプロが調理した高級食材をお得に楽しめる!
ポイント即日発行。有効期限なし!
コールセンターでの全面的サポート!

そんなふるさと納税を集めたサイトです。

お料理に自信のない方、すぐに楽しみたい行動派の方にはうってつけです。

プロが最適調理した最高級品がすぐに楽しめるのです。

公式サイトはこちらです。

4位 アパレル・ブランドがもらえるふるさと納税

noma-style公式サイトはこちらです。

【特徴】
〇返礼品でファッションブランド品が貰える。
〇震災被災地の復興に協力できる。

アパレル・ブランドが貰えるふるさと納税って、
ここしかない!らしいです。

あと、ドンペリも貰えるって!

noma-style公式サイトはこちらです。

ちなみに・・・

この制度の元締め(?)総務省のサイトでも申し込めますが、少々使いにくいかも。

興味のある方は一度見てみてください。
*制度を詳しく見たい方は必須です。

総務省ふるさと納税ポータルサイト

ふるさと納税の状況

今年、総務省から通達が出ました。(詳細はポータルサイトご参照)

で、自粛間近のい返礼品目当てで、

夏のボーナスをふるさと納税に注ぎこむ方が増えている報告が載っています。

12月末までの納税額が来年の控除になるというだけで、

年末のドタバタに敢えて申し込まなくても良いので、

欲しい返礼品が消え去る前に申し込むのもありではないでしょうか。


はると申します~

年中行事とともに、

いろいろ買わなきゃ!

時々の必需品をキーワ

ード載せていきます。

ページトップへ